顔のリフトアップやシワの改善効果を期待

東北最大の都市でもある仙台市には、東京など首都圏と同じく顔のたるみの悩みを解決できる美容施術を行っているクリニックが多数あります。顔のたるみはなぜ生じるのだろうか、このように疑問に感じる人も多いでしょうし、たるんだ場合はその皮膚を切除すれば良いのか分からない人も多いといえましょう。ハイフと呼ぶ美容医療機器の存在をご存じでしょうか。

ハイフを利用して十分な効果

ハイフは、顔のリフトアップやシワの改善効果を期待することができる、このような魅力を持つ美容マシーンでメスを使わずに行えることからもプチ整形の分野でも人気を集めているといいます。ただ、ハイフを利用して十分な効果を期待するためには、患者さんでもあるご自身が医療ハイフの知識を理解しておくことが大切です。

ちなみに、ハイフは皮膚の深層部にまで達する超音波を利用する治療法で、超音波を照射することで肌を引き締める効果を期待できます。また、超音波は肌にダメージを与えるものではないので肌の内側から引き締めてリフトアップやシワを目立たなくする効果を期待できるわけです。

さらに、このマシーンにより将来的に顔が老けやすくなったり肌の老化が進行しやすくなる可能性は低いといわれているので安心です。

事前に知っておきたいダウンタイムの症状のこと

美容皮膚科で受けることができるたるみの治療ですが、たるみの治療の中でも簡易的にかつダウンタイムの症状を抑えてくれるのがハイフです。ちなみに、ハイフと同じく同様の効果を期待できる美容施術にウルセラを利用する方法があります。

事前に知っておきたいダウンタイム

このウルセラ治療は超音波エネルギーを活用して肌の深層部を刺激する、このときコラーゲンの生成を促す効果を期待できるといいます。ウルセラ治療の場合は、マイクロフォーカス超音波を使うなどの特徴があるのですが、この超音波はハイフより深い層まで到達することからよりリフトアップの効果を期待できるようです。もちろん、仙台市の美容皮膚科ではこれらの選択肢を持つクリニックも多いのでカウンセリングを受けて自分に合う方法を選ぶと良いのではないでしょうか。

なお、美容治療で気になるのはダウンタイムの症状になるかと思われますが、麻酔を使わないので基本的にダウンタイムの症状がゼロといったイメージになりがちです。しかし、ハイフによるダウンタイムの症状には肌荒れやヤケド、赤み・ほてり・むくみ・腫れなど超音波特有のダウンタイムの症状が起こることがあるといわれています。ヤケドは経験豊富なクリニックを使えば問題はないといえましょう。