下まぶたに影クマが!それは顔のたるみが原因かも!

  • Home
  • たるみをやっつけろ!!

老け顔の原因である たるみが改善

下まぶたにできた黒い影クマは顔のたるみが原因です。

元々目の周りの皮膚は薄いので、トラブルが起こりやすいの
ですが、あまり筋肉を使う部分でもないので筋力が
低下しやすいですし、加齢が原因で肌のハリや弾力を
もたらすコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が
減少することで、顔のたるみとして現れるわけです。

化粧品の成分「エラスチン」の効果や役割

エラスチンは美容効果のある成分として人気があります。

これは線維性のたんぱく質で適度なカーブやしなやかな体を
作るために必要になる成分です。

皮膚だけでなく動脈壁や肺などにも多く存在して
弾力性を保ちます。

基本的に皮膚は表面部分から表皮と真皮と皮下組織で
構成されているのが特徴で、エラスチンは真皮の部分に
あたるものです。

エラスチンは800種類からのアミノ酸で構成された物質で
はりや柔らかさをキープするために必要と言えるでしょう。

実はエラスチンは一度破壊されてしまうと再生は不可能です。

アンチエイジングのための鍵を握っているのがエラスチンなので
日頃からケアをしないといけません。

基本的にエラスチンは不溶性であって、そういう理由から
コラーゲンに比べると研究がかなり遅れていたものです。

最近になって少しずつ研究が行われて今では
多くの化粧品に採用されています。

美容にとっては大事な役割を果たすエラスチンですが
年齢を重ねてしまうと現象をしていくので中です。

20代から減少が続き40代にかなり少なくなってしまいます。

それだけに、エラスチンを補給すればシワやほうれい線
改善から、目のたるみまで補修できるので美容効果が高いです。

クマやたるみの改善には努力が必要

本質的に影クマを解消するには、筋力をつけて
コラーゲンなどのハリをもたらす物質の生産力を
上げることになりますが、そう簡単にコラーゲンの
生産を増やせません。

日本人は欧米人に比べて顔の表情が乏しいと
言われているので、筋力低下が影クマの原因の
要素の多くを占めている可能性が高いです。

そこで下まぶたを積極的に動かすようなトレーニングを
することで、だいぶ改善するはずです。

それでもダメなら美容皮膚科などでしかるべき
治療をすることです。

顔のたるみの原因は、加齢や、紫外線、乾燥

最近では切らず光を照射することで、自分の肌力を
一時的に高めてハリをアップさせる方法もあるので、
検討してみるといいでしょう。

 

タンパク質の約30%がコラーゲン!皮膚に29種類が存在するコラーゲンの基礎知識

 

美肌成分の中で最もよく知られているのがコラーゲンでしょう。
しかし、コラーゲンのことをどれほど知っているでしょうか。

コラーゲンを意識している割には、よく知らないという人が多いようです。
そこで基礎知識として知っておくと良いことをかき出してみましょう。

まずコラーゲンは人体を構成する重要な成分のひとつタンパク質の1種です。
たくさんあるタンパク質のうちの約30%がこのコラーゲンです。

そして皮膚の70%はコラーゲンでできています。だから、美肌には欠かせない成分と言われているわけです。

ところで、コラーゲンは1種類だけではありません。
いま分かっているだけでも29種類もあります。
そのうち9種類が皮膚の中にあり、それぞれ重要な役割を担っています。

たとえば、お肌の弾力や強度に関与していたり、線維を形成したり真皮と表皮を繋ぐ役割をしていたり、さらに線維の太さを調節したりしています。
ただ、このようにお肌にとって無くてはならない重要な働くをしているコラーゲンは、加齢とともに徐々に失われていきます。
そのため意識的に失われたコラーゲンを補っていかなければならないということです。

コラーゲンを補うためには、外部から取り入れることを考える前に、まず身体の中で生み出されるコラーゲンをサポートしてあげることです。
そのために大切なことは、毎日バランスの良い食事を心がけることですで、特にビタミンCはコラーゲンをつくり出すためには欠かせない栄養素として知られています。

そのため野菜やくだものなどを積極的に食べるようにすると良いでしょう。
またコラーゲンが多く含まれる食べ物として知られているのが、フカヒレや手羽先、うなぎなどです。これらの食べ物はサプリメントを補うのに効果的です。