• Home
  • Archive by category "美容皮膚科"

顔のリフトアップやシワの改善効果を期待

東北最大の都市でもある仙台市には、東京など首都圏と同じく顔のたるみの悩みを解決できる美容施術を行っているクリニックが多数あります。顔のたるみはなぜ生じるのだろうか、このように疑問に感じる人も多いでしょうし、たるんだ場合はその皮膚を切除すれば良いのか分からない人も多いといえましょう。ハイフと呼ぶ美容医療機器の存在をご存じでしょうか。

ハイフを利用して十分な効果

ハイフは、顔のリフトアップやシワの改善効果を期待することができる、このような魅力を持つ美容マシーンでメスを使わずに行えることからもプチ整形の分野でも人気を集めているといいます。ただ、ハイフを利用して十分な効果を期待するためには、患者さんでもあるご自身が医療ハイフの知識を理解しておくことが大切です。

ちなみに、ハイフは皮膚の深層部にまで達する超音波を利用する治療法で、超音波を照射することで肌を引き締める効果を期待できます。また、超音波は肌にダメージを与えるものではないので肌の内側から引き締めてリフトアップやシワを目立たなくする効果を期待できるわけです。

さらに、このマシーンにより将来的に顔が老けやすくなったり肌の老化が進行しやすくなる可能性は低いといわれているので安心です。

事前に知っておきたいダウンタイムの症状のこと

美容皮膚科で受けることができるたるみの治療ですが、たるみの治療の中でも簡易的にかつダウンタイムの症状を抑えてくれるのがハイフです。ちなみに、ハイフと同じく同様の効果を期待できる美容施術にウルセラを利用する方法があります。

事前に知っておきたいダウンタイム

このウルセラ治療は超音波エネルギーを活用して肌の深層部を刺激する、このときコラーゲンの生成を促す効果を期待できるといいます。ウルセラ治療の場合は、マイクロフォーカス超音波を使うなどの特徴があるのですが、この超音波はハイフより深い層まで到達することからよりリフトアップの効果を期待できるようです。もちろん、仙台市の美容皮膚科ではこれらの選択肢を持つクリニックも多いのでカウンセリングを受けて自分に合う方法を選ぶと良いのではないでしょうか。

なお、美容治療で気になるのはダウンタイムの症状になるかと思われますが、麻酔を使わないので基本的にダウンタイムの症状がゼロといったイメージになりがちです。しかし、ハイフによるダウンタイムの症状には肌荒れやヤケド、赤み・ほてり・むくみ・腫れなど超音波特有のダウンタイムの症状が起こることがあるといわれています。ヤケドは経験豊富なクリニックを使えば問題はないといえましょう。

効果的なアンチエイジングを実現するフォトナ4D

世の中には様々なエイジングケア機器が存在していますが、たるみ・しわ・肌の透明感の改善・向上を
4つの角度から同時に行ってくれるのがフォトナ社の4Dトリートメント(通称フォトナ4D)です。人間の肌は大きく表皮・真皮・皮下組織で構成されていますが、最も外側の表皮はさらに4層に分けることができます。

フォトナ4Dには4種類のレーザー光が搭載されており、各レーザーをアプローチしたい層に的確に打ち込むことが可能です。レーザー光が照射された組織は熱エネルギーによってコラーゲンの生成が促されます。コラーゲンは肌のハリや弾力を保つのに欠かせない成分なので、フォトナ4Dによる施術を行うと
効率的にたるみやしわの解消を図ることができます。たるみやしわの解消だけでなくピーリングによる肌の透明感アップも図れるので、良質な肌質を追及したい方にもおすすめです。

また、このエイジングケア機器は侵襲(生体を傷つけること)やダウンタイムがなく、麻酔を施すことなく、年間を通していつでも施術できるという特徴があります。施術後は照射部位に熱感や発赤、つっぱり感などを感じる場合がありますが、いずれも一時的なもので時間経過とともに治まるので過度な心配は不要です。

フォトナ4Dによる見た目を若くする4種類の施術方法

フォトナ4Dで行われる施術は、大きくスマイルリフト・フラック3・ピアノ・スーパーフィシャルの4種類に分けられます。

スマイルリフトは、従来のレーザー機器のように肌表面から照射するのではなく、口腔内や下眼瞼の粘膜側から照射する施術です。肌の表面からの照射では42~43℃を超えると痛みを感じますが、粘膜側から照射すると傷や痛みを与えずに60~63℃まで温度を上昇させることができます。これにより、口腔内であればほうれい線などが改善しますし、下眼瞼であればクマや小ジワの解消につながるなど、見た目を若くすることが可能です。

フラック3は、見た目を若くする上で重要な三次元のフラクショナルレーザーを使った施術です。肌表面からパルス状のレーザーを照射することで、肌にダメージを与えずに60℃以上まで加熱することができます。これにより、皮膚の再構築が図られて透明感のある肌が得られるとともに、たるみやしわなどの改善も図れます。

ピアノは、肌組織を40~42℃ほどに上昇させることで肌の引き締めを図る施術です。コラーゲンの生成が促される施術で、じんわりとした温かさを感じる程度なので不快感はほとんどありません。

スーパーフィシャルは、肌表面を軽くピーリングする施術です。多少の熱さと輪ゴムを弾いたような刺激を感じますが、激しい刺激ではありません。

細胞外マトリックスを再生させる魔法のような商品

年を重ねてくると必ず気になってくるのがシワやシミといった肌の老化現象になりますが、どんなに
高価な化粧品を使用したとしてもなかなか改善することができないのが事実です。

人によっては自然な流れとして諦めてしまう方もいるかもしれませんが、肌の奥深くまで入り込んで
根本的な観点から美しい素肌を蘇らせてくれるような化粧品が存在しているとしたらどうでしょうか。そんな魔法のような商品がスネコス注射の存在であり、これまでに多くの方の悩みを解決させてきた
優秀な商品なのです。

スネコス注射

スネコス注射の主な効果としては、細胞外マトリックスを再生させる点にあります。細胞外マトリックスとはコラーゲンなどを支える大切な組織なのですが、衰えて機能しなくなってしまった細胞をもう一度蘇らせて開花させ、ターンオーバーを促すことでたるみやシワの改善が期待できるといった仕組みです。

また、スネコス注射を使用することで皮膚を構成する真皮の質まで改善できるので、みずみずしくてハリのある美しい素肌を取り戻すことができるとされています。
とくに目元のたるみは目立つことが多く、かなりのコンプレックスを抱いている方も少なくないので、これを機会にたるみ改善を本格的に始めてみてはいかがでしょうか。

皮膚の水分を増やせばたるみやシワは改善できる!

目立つようなシワやシミ、たるみなどのほとんどが老化によるものだと思われますが、どんなに健康的な生活を行っていても完璧に改善させることはなかなか難しいものです。しかし、皮膚の水分量を増やして肌本来の機能をもう一度呼び覚ますことができれば、みるみるうちに素肌にハリと弾力が戻ってきて美しい肌を手に入れることは夢ではなくなります。

素肌にハリと弾力

少し前までは皮膚の水分量を増やす目的で化粧水を大量に使用する方が続出していましたが、研究の結果化粧水にはそこまでの大きな効果はなく、沢山使っても結果はさほど変わらないことが分かっています。

ただし、スネコス注射を使用することでそれらは一瞬で解決させることができるようになり、何度も使い続けることで皮膚の水分量がどんどん増加していくのを自分自身で実感することができるでしょう。

なぜ水分量が劇的に増えてくれるのかというと、スネコス注射にはコラーゲンを増加させる強い効果が認められていて、更にエラスチンも同時に増やすことができるからです。しかもそれを肌に直接注入することができる点がポイントで、ダイレクトに肌の内部に入り込んでくれるので絶大な効果が発揮でき、必然的にたるみやシワの改善に繋がることも納得の結果と言えるかもしれません。

ソフウェーブに美容皮膚科が注目する理由

超音波を使用したたるみ治療機器は、珍しい存在ではありません。HIFU技術が登場してからは一般的になっており、多くの美容皮膚科でも受けることができます。そのためソフウェーブに関しても、そこまで注目される理由がわからないと感じる女性もいるかもしれません。しかしソフウェーブには従来のたるみ治療機器にはない特徴があり、停滞しているHIFU技術を発展させる可能性を秘めているとされます。

次世代のたるみ治療と称されることもあるほどですから、美容皮膚科が注目するのも当然といえるかもしれません。ソフウェーブの具体的な特徴としては、照射技術にあります。使われている最新技術のスパーブは、お肌に圧倒的な熱量を与えることが可能です。

エネルギーのボリュームが従来の治療機器とは比べ物にならないほど高いので、高い効果を期待されています。照射量が多くなると、お肌のトラブルが増えるのではないかと不安になるかもしれません。しかしソフウェーブは安全性が高いとされ、神経や筋肉に損傷を与えるリスクは少ないです。

アメリカのFDAも認めた次世代型のたるみ治療機器なので、これから美容業界で注目されていくのは間違いありません。

 

安全性が高い同期平行型超音波ビームで肌質改善

スパーブとは、「Synchronous Parallel Ultrasound Beam Technology」の略称です。それぞれの頭文字をとってSUPERBと略され、日本語に直すと同期平行型超音波ビーム技術になります。

たるみの改善の期待

照射された高強度のエネルギーは、通常よりもお肌の深部に届けることが可能です。お肌の奥にエネルギーが届くことで、コラーゲンの造成を促進することができます。コラーゲンの造成が促されることでリフトアップと引き締め効果を得られ、肌質改善になるされています。

従来の治療機器では、深部にまでエネルギーを照射しようとすると熱傷のリスクがありできませんでした。しかし同期平行型の超音波ビームを照射することで、安全性を確保しながら肌質改善を実現可能です。

また引き締めによるたるみの改善を期待できるだけではなく、タイトニング効果も得ることができます。円柱型の熱損傷がシワのベクトルに合わせて作用するため、比較的早期に肌質改善の効果を実感できるのも魅力です。

一般的には3か月から4か月ほどで実感できますから、お肌の悩みを抱えているなら、クリニックで肌質改善の次世代治療を受けてみましょう。

美容皮膚科でのたるみ治療が必要になってしまう原因は?

治療が必要になる原因

年齢を重ねるとともに、お肌の潤いがなくなり、様々な悩みが現れ始めてしまいます。

皮膚表面にある浅いしわなら保湿ケアを徹底することで目立たなくさせられますが、
深く刻まれてしまったたるみはもはやコスメレベルではどうにもなりません。

この原因は、お肌の奥深くにあるので、美容皮膚科でたるみ治療に取り組まなければ
肌表面の溝は消せません。

美容皮膚科で行うたるみ治療は、医療機器や医薬品を使い肌の奥に直接働きかけ、
ハリを取り戻します。

たるみが現れている場所やその深さによって、どのようなたるみ治療でアプローチして
いくかは熟練した美容皮膚科医の判断によりますが、短期間で確実に肌は若返ります。

老化現象

マシンを使ったたるみ治療なら、肌の奥深くの細胞を刺激しコラーゲン生成を促すので、
肌は若いころのようにくすみがなくなり毛穴が小さく目立たなくなっていきます。

効果は徐々に上がっていく感じなので、周囲に気づかれることもなく肌の調子が良く
なって行くといった仕上がりで、自然な若返りを期待する女性には最適な治療法です。

ある程度の期間はリフトアップ効果が持続させられるので何度も通院する必要も
なくコスパも優れています。

美容皮膚科では、メスを使わずに行う治療がメインなので、高いリフトアップ効果が
得られるにもかかわらず、ダインタイムはほとんど必要ありません。

顔に傷を付けることなく、肌の奥にある原因を根本的に作用できるので、安全性が
高くおすすめの治療法です。

美容皮膚科でのたるみ治療の安全性について

年齢を重ねると、どうしても悩まされてしまうお肌のたるみ。
スキンケアコスメを見直しても、マッサージを行っても満足いくようなリフトアップ効果は
得られず、日々劣化していく自分を悲しい思いで見つめるしかありません。

そんな悩みは、美容皮膚科でのたるみ治療で改善してしまいましょう。

美容皮膚科で行われているたるみ治療は、メスを使って切ったりしないので
安全性が高く、痛みなどもありません。

綺麗になりたい気持ちはあっても、リスクがあまりにも大きいものにはなかなか挑戦
できませんが、美容皮膚科でのたるみ治療なら、術後すぐにメイクをして帰れるような
ものばかりなので、エステ感覚で試せます。

プロに任せる

とは言えやはり美容皮膚科は医療機関なので使用するマシンも薬剤も、医療レベルに
高い出力の出るものや濃度、純度ともに高いものとなるので効果は抜群です。

気休めではなく、目で見てわかるレベルにしっかりと引き上げてくれ、肌にハリと艶を
与えてくれるので見た目年齢は一気に若返ります。

たるみ治療にはいろいろなものがありますが、どこの部分がたるんでいるのか、
どれくらいの症状か、そして患者側の希望する仕上がり、予算、持続力、アフターケアなども
鑑みて、もっともベストだと思われる治療法を見極めてくれるので、まずはカウンセリングで
相談してみましょう。

周囲にばれてしまうこともなく、ごく自然に肌が若返っていく
ものばかりなので、気軽に挑戦できます。

最新のレーザー技術を使ったリフトアップ

若々しい見た目になるために美容クリニックを頼って、顔のたるみを改善したいと考えている方々におすすめなのが仙台ソララクリニックです。

頼れる皮膚科

レーザーを使って顔のたるみを改善する専門治療を得意としているクリニックで、細胞が受けるダメージも小さいので肌が弱い人でも安心して施術を受けられます。

皮膚の外側だけでなく内側からもリフトアップ効果を実感できるように、特殊なレーザーを照射しているのも特徴の一つです。

4Dアイリフトという最新技術を活用している点が話題となっており、顔の両面からレーザーを照射する事によってリフトアップの効果が大きくなります。

レーザーのシナジーを発揮しながら細胞を刺激して、コラーゲンの生成や肌の不均一を改善する効果が期待できるのが魅力です。

ダウンタイムの長さが心配な方々にも最適で、要望に合わせてレーザーの出力を調整しながら顔のたるみを改善してもらえます。

両面照射を利用するのは初めてなので、肌がダメージを受けないか心配という人に最適なのは2Dアイリフトという施術です。

表面と裏面の両方からレーザーを照射する事で目元のたるみを改善できて、若々しい顔立ちに変化すると好評な施術です。

顔の筋肉を鍛える事でスリムな顔立ちに

美容クリニックを頼らずに顔のたるみを改善したくて、セルフケアを頑張ろうかと迷っている方々におすすめなのが、顔の筋肉を鍛えられる風船ダイエットです。

テレビや雑誌やSNSなどで話題になっているダイエット方法で、ファッションモデルなども行っているために効果の高さは多くの人から信用されています。

風船を膨らませて腹式呼吸を続けているだけで、腹筋や横隔膜を刺激できるというシンプルなダイエット方法です。

筋肉の量が増える事によって基礎代謝量も少しずつ増えていき、顔のたるみを改善する効果も期待できます。

顔のたるみの改善効果

 

力を込めて風船を膨らませる事によって、顔の筋肉も刺激できるのが顔のたるみに効果があると言われる理由です。

顔のたるみを予防する効果も期待できますから、たるみが発生していない人にも風船ダイエットはおすすめできます。

血液やリンパ液などの流れを促進したい時にも便利なダイエット方法で、体液の流れが悪くなっているせいで顔のむくみが悪化している方々にもぴったりです。

腹筋を鍛える事によって便秘が解消したと喜んでいる人も多く、下剤などを頼って便秘を解消している方々は、薬を頼らずに排便を促せるように運動を続ける事を推奨します。

オトガイ筋の鍛え方を紹介

今一度顔のたるみが起きるメカニズムをおさらいすると、顔に限らず全身の皮膚は常に重力の影響を受けているので下に引っ張られています。

それでも全身が正常な形になっているのは、皮膚に充分な水分と皮脂があることによる弾力だけでなく顔全体の筋肉が支えているからです。

しかし顔以外の皮膚はたるまないのに、顔のたるみが起きてしまうのはそのほかの部分と違って筋肉は動かす機会が少ないため弱りやすいのが理由になります。

特に40代を超えると新しい細胞に作り替える代謝が落ちるので、どうしても筋肉の衰えが加速してしまい顔のたるみが顕著に現れます。

美容皮膚科のウルセラは顔のたるみに効く?

ただ顔のたるみが筋肉が原因で起きている場合には、自力で改善することができます。
なぜなら筋肉は動かせば動かすほど強くなる性質があるので、衰えた部分をもとの筋力に戻せれば復元できます。

特に鍛えてほしいポイントが、あごの部分にあるオトガイ筋と呼ばれる部分です。
この筋肉が衰えると2重あごになるだけでなく、顔全体の筋肉を支える部分なので顔のたるみが顕著に表れてしまいます。

このオトガイ筋の鍛えるには、唇の押出し運動を行うとよいです。
その方法としては顔を真上に向けたうえで、キスをするように唇を前に押し出します。

この運動を10分を目安に1日3セットをすることで、あご全体の筋肉を鍛えられるので顔のたるみを改善できるのです。

筋肉を鍛えても元に戻らないなら美容皮膚科に相談

唇の押出し運動を10分を目安に1日3セットをすることで改善が見込めるといいましたが、その効果が表れるのは最低でも1か月かかります。

もし1か月かかっても症状に改善が見込めない場合には、無理をせずに美容皮膚科に相談をするのが大事です。

皮膚科に相談する

先に言ったとおりに顔のたるみの原因というのは、重力の影響に負けて皮膚が下に落ちることで起きます。
この唇の押出し運動で改善ができるのは、原因が筋肉が衰えていることが原因で起きているのが条件で皮膚の状態は健康というのが必須です。

筋肉の衰えだけでなく、水分と皮脂のバランスそしてコラーゲンの状態が悪くなるなど皮膚トラブルが起きていると自力での改善は難しいといえます。
美容皮膚科を受信すると、まず顔面の筋肉量を計測したのちにスコープなどを使って皮膚の状態を検査します。

そこで皮膚の状態が悪いと分かった段階で、皮膚の状態を元に戻すための化粧品などの薬品を処方します。
もし化粧品での改善が難しい場合には、コラーゲン注入やボトックス注射などの外科医療を目指すのです。

そのうえで唇の押出し運動を含めた筋肉増強法を繰り返すことで、年齢を重ねることで衰えた皮膚と筋肉を元も戻すことで顔のたるみを改善させます。

グロスファクターや3次元RF照射などたるみ治療に使われる手法は?

3次元RF照射で皮膚再生と引き締めで効果的なケア

多くの方が悩んでいる加齢に伴う肌のたるみは、外側から
いくら高価な美容化粧品利用したり、美顔器でケアをしても
セルフケアで行えるお手入れには限度があります。

そこで最新鋭のたるみ治療として美容クリニックで受けられる
「3次元RF照射」の施術が注目されています。

この3次元RF照射とは、RFと呼ばれる高周波による肌の引き締め
治療が行える美容機器を利用し行う方法です。

カウンセリングを受ける

高周波を肌に照射することで細胞内のイオンを陰極から陽極、
陽極から陰極まで1秒に100万回ほど振動させて起こる熱が
肌組織を変形させる仕組みとなっています。

従来のRFは肌の表面からしか照射することが出来なかったの
ですが、3D照射が行える最新機器を利用することでしわや
たるみの原因となる真皮層へ照射することができます。

この施術を受けることで肌を傷つけることなく効果的に
肌を引き締め、目立っていたたるみを重点的に改善する
ことが可能ですし、肌の引き締め高価によって小顔効果や、
皮膚再生促進による弾力とハリのある美肌に近づけることが
できるとして人気になっています。

手術を行うたるみ治療とは異なり、ダウンタイムがなく即時的にも
リフトアップ効果を実感出来ますし、その後数ヶ月にわたって
コラーゲン造成の効果も期待できます。

グロスファクターでたるみによるしわ改善

たるみが原因で起こる肌トラブルの一つに、ほうれい線のしわが
あります。

年齢を重ねると皮膚表面の内側にある真皮で、コラーゲンや
エラスチン、ヒアルロン酸が加齢や紫外線、乾燥によって
ダメージを受けて劣化すると、繊維芽細胞が分解して
新しいものを作り変える働きを持っていますが、
この繊維芽細胞の働きも加齢によって衰えてしまうため
肌のハリや弾力が低下し、たるみやしわといったエイジング
トラブルに繋がります。

引き締める

そのため既にほうれい線がくっきり目立つ状態になっている方は、
肌の繊維芽細胞の働きが低下してしまっているサインでもあるので、
適切なたるみ治療を受ける必要があります。

現在受けることが出来るたるみ治療は複数ありますが、
ほうれい線をピンポイントで改善したいのであれば
グロスファクターというたるみ治療がおすすめです。

このグロスファクターは、繊維芽細胞を活性化させ増殖
させる薬剤を注入する方法で、最適な濃度の薬剤を注入
することで数年にわたって肌内部のコラーゲン量を増やし、
自然にふっくらと弾力のある肌に整えるので内側から
ほうれい線が目立たなくなっていく特徴があります。

施術後も痛みや腫れ、内出血などの副作用が起こりにくく、
一時的な効果ではなく数年先まで治療効果が持続すると
いった長期間の美容効果もたるみ治療の中で人気の理由と
なっています。

乾燥を防いで顔のたるみを予防しよう!

顔のたるみの原因の一つが肌が乾いてしまうことです。
秋冬の空気の乾きや、クーラーや暖房などの
エアコンの風など、肌は様々な乾燥に晒されています。

また紫外線を浴びることでも、肌が炎症を起こし
乾いてしまいます。

紫外線を浴びる

紫外線はダイレクトに真皮層に届き
コラーゲンを変質させてしまうので、
それも顔のたるみの引き金となる
美肌の大敵です。

肌が乾くとバリアー機能が正常に働かずに、肌の免疫力が
落ちてしまい、デリケートな状態になり、たるんでしまう
原因となります。

こうした乾燥が原因による顔のたるみを予防するためには、
保湿することが重要です。

イオンスチーマーなどは肌の乾きに即効性のある保湿方法です。
柔らかく温かいイオンの蒸気が肌のかわきを癒してくれます。

コスメでの保湿ではヒアルロン酸やセラミドなど水分保持効果の
高い成分を使うのが有効です。

美容オイル

またスキンケアの仕上げに美容オイルを一滴肌にのばして
肌に水分蒸発を防ぐバリアーを作るのも有効な
乾燥対策となります。

顔のたるみ対策にはこの成分が効く!

顔のたるみは、筋肉が弱まったことでできる
例もありますが、日頃から浴びる機会が多い
紫外線の影響も深く関わっています。

顔のたるみに効く成分を理解するには、この
紫外線のダメージで減少したものを
取り入れるのがポイントです。

紫外線ダメージを受けると、皮膚の中に存在する、
ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった
成分が減少します。

これらは肌にハリや潤いを与える存在として
知られており、減少してしまえば、皮膚の乾燥が
進み、ハリが失われていきます。

ダメージ

それに伴って、たるみが発生するという仕組みです。
乾燥が進むことで、たるみと同時にシワも増えてきます。

また、これらの成分を活性化させる存在として、
ビタミンCやレチノール、アスタキサンチンも
補給してあげると、効率よく顔のたるみ解消を
実現できるようになります。

これらが含まれたスキンケア化粧品を用いたり、
サプリメントで栄養補給に努めてみましょう。

継続的にケアをすることが重要です。

サプリメント