• Home
  • タグ: たるみ

顔のリフトアップやシワの改善効果を期待

東北最大の都市でもある仙台市には、東京など首都圏と同じく顔のたるみの悩みを解決できる美容施術を行っているクリニックが多数あります。顔のたるみはなぜ生じるのだろうか、このように疑問に感じる人も多いでしょうし、たるんだ場合はその皮膚を切除すれば良いのか分からない人も多いといえましょう。ハイフと呼ぶ美容医療機器の存在をご存じでしょうか。

ハイフを利用して十分な効果

ハイフは、顔のリフトアップやシワの改善効果を期待することができる、このような魅力を持つ美容マシーンでメスを使わずに行えることからもプチ整形の分野でも人気を集めているといいます。ただ、ハイフを利用して十分な効果を期待するためには、患者さんでもあるご自身が医療ハイフの知識を理解しておくことが大切です。

ちなみに、ハイフは皮膚の深層部にまで達する超音波を利用する治療法で、超音波を照射することで肌を引き締める効果を期待できます。また、超音波は肌にダメージを与えるものではないので肌の内側から引き締めてリフトアップやシワを目立たなくする効果を期待できるわけです。

さらに、このマシーンにより将来的に顔が老けやすくなったり肌の老化が進行しやすくなる可能性は低いといわれているので安心です。

事前に知っておきたいダウンタイムの症状のこと

美容皮膚科で受けることができるたるみの治療ですが、たるみの治療の中でも簡易的にかつダウンタイムの症状を抑えてくれるのがハイフです。ちなみに、ハイフと同じく同様の効果を期待できる美容施術にウルセラを利用する方法があります。

事前に知っておきたいダウンタイム

このウルセラ治療は超音波エネルギーを活用して肌の深層部を刺激する、このときコラーゲンの生成を促す効果を期待できるといいます。ウルセラ治療の場合は、マイクロフォーカス超音波を使うなどの特徴があるのですが、この超音波はハイフより深い層まで到達することからよりリフトアップの効果を期待できるようです。もちろん、仙台市の美容皮膚科ではこれらの選択肢を持つクリニックも多いのでカウンセリングを受けて自分に合う方法を選ぶと良いのではないでしょうか。

なお、美容治療で気になるのはダウンタイムの症状になるかと思われますが、麻酔を使わないので基本的にダウンタイムの症状がゼロといったイメージになりがちです。しかし、ハイフによるダウンタイムの症状には肌荒れやヤケド、赤み・ほてり・むくみ・腫れなど超音波特有のダウンタイムの症状が起こることがあるといわれています。ヤケドは経験豊富なクリニックを使えば問題はないといえましょう。

効果的なアンチエイジングを実現するフォトナ4D

世の中には様々なエイジングケア機器が存在していますが、たるみ・しわ・肌の透明感の改善・向上を
4つの角度から同時に行ってくれるのがフォトナ社の4Dトリートメント(通称フォトナ4D)です。人間の肌は大きく表皮・真皮・皮下組織で構成されていますが、最も外側の表皮はさらに4層に分けることができます。

フォトナ4Dには4種類のレーザー光が搭載されており、各レーザーをアプローチしたい層に的確に打ち込むことが可能です。レーザー光が照射された組織は熱エネルギーによってコラーゲンの生成が促されます。コラーゲンは肌のハリや弾力を保つのに欠かせない成分なので、フォトナ4Dによる施術を行うと
効率的にたるみやしわの解消を図ることができます。たるみやしわの解消だけでなくピーリングによる肌の透明感アップも図れるので、良質な肌質を追及したい方にもおすすめです。

また、このエイジングケア機器は侵襲(生体を傷つけること)やダウンタイムがなく、麻酔を施すことなく、年間を通していつでも施術できるという特徴があります。施術後は照射部位に熱感や発赤、つっぱり感などを感じる場合がありますが、いずれも一時的なもので時間経過とともに治まるので過度な心配は不要です。

フォトナ4Dによる見た目を若くする4種類の施術方法

フォトナ4Dで行われる施術は、大きくスマイルリフト・フラック3・ピアノ・スーパーフィシャルの4種類に分けられます。

スマイルリフトは、従来のレーザー機器のように肌表面から照射するのではなく、口腔内や下眼瞼の粘膜側から照射する施術です。肌の表面からの照射では42~43℃を超えると痛みを感じますが、粘膜側から照射すると傷や痛みを与えずに60~63℃まで温度を上昇させることができます。これにより、口腔内であればほうれい線などが改善しますし、下眼瞼であればクマや小ジワの解消につながるなど、見た目を若くすることが可能です。

フラック3は、見た目を若くする上で重要な三次元のフラクショナルレーザーを使った施術です。肌表面からパルス状のレーザーを照射することで、肌にダメージを与えずに60℃以上まで加熱することができます。これにより、皮膚の再構築が図られて透明感のある肌が得られるとともに、たるみやしわなどの改善も図れます。

ピアノは、肌組織を40~42℃ほどに上昇させることで肌の引き締めを図る施術です。コラーゲンの生成が促される施術で、じんわりとした温かさを感じる程度なので不快感はほとんどありません。

スーパーフィシャルは、肌表面を軽くピーリングする施術です。多少の熱さと輪ゴムを弾いたような刺激を感じますが、激しい刺激ではありません。

細胞外マトリックスを再生させる魔法のような商品

年を重ねてくると必ず気になってくるのがシワやシミといった肌の老化現象になりますが、どんなに
高価な化粧品を使用したとしてもなかなか改善することができないのが事実です。

人によっては自然な流れとして諦めてしまう方もいるかもしれませんが、肌の奥深くまで入り込んで
根本的な観点から美しい素肌を蘇らせてくれるような化粧品が存在しているとしたらどうでしょうか。そんな魔法のような商品がスネコス注射の存在であり、これまでに多くの方の悩みを解決させてきた
優秀な商品なのです。

スネコス注射

スネコス注射の主な効果としては、細胞外マトリックスを再生させる点にあります。細胞外マトリックスとはコラーゲンなどを支える大切な組織なのですが、衰えて機能しなくなってしまった細胞をもう一度蘇らせて開花させ、ターンオーバーを促すことでたるみやシワの改善が期待できるといった仕組みです。

また、スネコス注射を使用することで皮膚を構成する真皮の質まで改善できるので、みずみずしくてハリのある美しい素肌を取り戻すことができるとされています。
とくに目元のたるみは目立つことが多く、かなりのコンプレックスを抱いている方も少なくないので、これを機会にたるみ改善を本格的に始めてみてはいかがでしょうか。

皮膚の水分を増やせばたるみやシワは改善できる!

目立つようなシワやシミ、たるみなどのほとんどが老化によるものだと思われますが、どんなに健康的な生活を行っていても完璧に改善させることはなかなか難しいものです。しかし、皮膚の水分量を増やして肌本来の機能をもう一度呼び覚ますことができれば、みるみるうちに素肌にハリと弾力が戻ってきて美しい肌を手に入れることは夢ではなくなります。

素肌にハリと弾力

少し前までは皮膚の水分量を増やす目的で化粧水を大量に使用する方が続出していましたが、研究の結果化粧水にはそこまでの大きな効果はなく、沢山使っても結果はさほど変わらないことが分かっています。

ただし、スネコス注射を使用することでそれらは一瞬で解決させることができるようになり、何度も使い続けることで皮膚の水分量がどんどん増加していくのを自分自身で実感することができるでしょう。

なぜ水分量が劇的に増えてくれるのかというと、スネコス注射にはコラーゲンを増加させる強い効果が認められていて、更にエラスチンも同時に増やすことができるからです。しかもそれを肌に直接注入することができる点がポイントで、ダイレクトに肌の内部に入り込んでくれるので絶大な効果が発揮でき、必然的にたるみやシワの改善に繋がることも納得の結果と言えるかもしれません。