• Home
  • タグ: 美容皮膚科

顔のリフトアップやシワの改善効果を期待

東北最大の都市でもある仙台市には、東京など首都圏と同じく顔のたるみの悩みを解決できる美容施術を行っているクリニックが多数あります。顔のたるみはなぜ生じるのだろうか、このように疑問に感じる人も多いでしょうし、たるんだ場合はその皮膚を切除すれば良いのか分からない人も多いといえましょう。ハイフと呼ぶ美容医療機器の存在をご存じでしょうか。

ハイフを利用して十分な効果

ハイフは、顔のリフトアップやシワの改善効果を期待することができる、このような魅力を持つ美容マシーンでメスを使わずに行えることからもプチ整形の分野でも人気を集めているといいます。ただ、ハイフを利用して十分な効果を期待するためには、患者さんでもあるご自身が医療ハイフの知識を理解しておくことが大切です。

ちなみに、ハイフは皮膚の深層部にまで達する超音波を利用する治療法で、超音波を照射することで肌を引き締める効果を期待できます。また、超音波は肌にダメージを与えるものではないので肌の内側から引き締めてリフトアップやシワを目立たなくする効果を期待できるわけです。

さらに、このマシーンにより将来的に顔が老けやすくなったり肌の老化が進行しやすくなる可能性は低いといわれているので安心です。

事前に知っておきたいダウンタイムの症状のこと

美容皮膚科で受けることができるたるみの治療ですが、たるみの治療の中でも簡易的にかつダウンタイムの症状を抑えてくれるのがハイフです。ちなみに、ハイフと同じく同様の効果を期待できる美容施術にウルセラを利用する方法があります。

事前に知っておきたいダウンタイム

このウルセラ治療は超音波エネルギーを活用して肌の深層部を刺激する、このときコラーゲンの生成を促す効果を期待できるといいます。ウルセラ治療の場合は、マイクロフォーカス超音波を使うなどの特徴があるのですが、この超音波はハイフより深い層まで到達することからよりリフトアップの効果を期待できるようです。もちろん、仙台市の美容皮膚科ではこれらの選択肢を持つクリニックも多いのでカウンセリングを受けて自分に合う方法を選ぶと良いのではないでしょうか。

なお、美容治療で気になるのはダウンタイムの症状になるかと思われますが、麻酔を使わないので基本的にダウンタイムの症状がゼロといったイメージになりがちです。しかし、ハイフによるダウンタイムの症状には肌荒れやヤケド、赤み・ほてり・むくみ・腫れなど超音波特有のダウンタイムの症状が起こることがあるといわれています。ヤケドは経験豊富なクリニックを使えば問題はないといえましょう。

ソフウェーブに美容皮膚科が注目する理由

超音波を使用したたるみ治療機器は、珍しい存在ではありません。HIFU技術が登場してからは一般的になっており、多くの美容皮膚科でも受けることができます。そのためソフウェーブに関しても、そこまで注目される理由がわからないと感じる女性もいるかもしれません。しかしソフウェーブには従来のたるみ治療機器にはない特徴があり、停滞しているHIFU技術を発展させる可能性を秘めているとされます。

次世代のたるみ治療と称されることもあるほどですから、美容皮膚科が注目するのも当然といえるかもしれません。ソフウェーブの具体的な特徴としては、照射技術にあります。使われている最新技術のスパーブは、お肌に圧倒的な熱量を与えることが可能です。

エネルギーのボリュームが従来の治療機器とは比べ物にならないほど高いので、高い効果を期待されています。照射量が多くなると、お肌のトラブルが増えるのではないかと不安になるかもしれません。しかしソフウェーブは安全性が高いとされ、神経や筋肉に損傷を与えるリスクは少ないです。

アメリカのFDAも認めた次世代型のたるみ治療機器なので、これから美容業界で注目されていくのは間違いありません。

 

安全性が高い同期平行型超音波ビームで肌質改善

スパーブとは、「Synchronous Parallel Ultrasound Beam Technology」の略称です。それぞれの頭文字をとってSUPERBと略され、日本語に直すと同期平行型超音波ビーム技術になります。

たるみの改善の期待

照射された高強度のエネルギーは、通常よりもお肌の深部に届けることが可能です。お肌の奥にエネルギーが届くことで、コラーゲンの造成を促進することができます。コラーゲンの造成が促されることでリフトアップと引き締め効果を得られ、肌質改善になるされています。

従来の治療機器では、深部にまでエネルギーを照射しようとすると熱傷のリスクがありできませんでした。しかし同期平行型の超音波ビームを照射することで、安全性を確保しながら肌質改善を実現可能です。

また引き締めによるたるみの改善を期待できるだけではなく、タイトニング効果も得ることができます。円柱型の熱損傷がシワのベクトルに合わせて作用するため、比較的早期に肌質改善の効果を実感できるのも魅力です。

一般的には3か月から4か月ほどで実感できますから、お肌の悩みを抱えているなら、クリニックで肌質改善の次世代治療を受けてみましょう。

美容皮膚科でのたるみ治療が必要になってしまう原因は?

治療が必要になる原因

年齢を重ねるとともに、お肌の潤いがなくなり、様々な悩みが現れ始めてしまいます。

皮膚表面にある浅いしわなら保湿ケアを徹底することで目立たなくさせられますが、
深く刻まれてしまったたるみはもはやコスメレベルではどうにもなりません。

この原因は、お肌の奥深くにあるので、美容皮膚科でたるみ治療に取り組まなければ
肌表面の溝は消せません。

美容皮膚科で行うたるみ治療は、医療機器や医薬品を使い肌の奥に直接働きかけ、
ハリを取り戻します。

たるみが現れている場所やその深さによって、どのようなたるみ治療でアプローチして
いくかは熟練した美容皮膚科医の判断によりますが、短期間で確実に肌は若返ります。

老化現象

マシンを使ったたるみ治療なら、肌の奥深くの細胞を刺激しコラーゲン生成を促すので、
肌は若いころのようにくすみがなくなり毛穴が小さく目立たなくなっていきます。

効果は徐々に上がっていく感じなので、周囲に気づかれることもなく肌の調子が良く
なって行くといった仕上がりで、自然な若返りを期待する女性には最適な治療法です。

ある程度の期間はリフトアップ効果が持続させられるので何度も通院する必要も
なくコスパも優れています。

美容皮膚科では、メスを使わずに行う治療がメインなので、高いリフトアップ効果が
得られるにもかかわらず、ダインタイムはほとんど必要ありません。

顔に傷を付けることなく、肌の奥にある原因を根本的に作用できるので、安全性が
高くおすすめの治療法です。

美容皮膚科でのたるみ治療の安全性について

年齢を重ねると、どうしても悩まされてしまうお肌のたるみ。
スキンケアコスメを見直しても、マッサージを行っても満足いくようなリフトアップ効果は
得られず、日々劣化していく自分を悲しい思いで見つめるしかありません。

そんな悩みは、美容皮膚科でのたるみ治療で改善してしまいましょう。

美容皮膚科で行われているたるみ治療は、メスを使って切ったりしないので
安全性が高く、痛みなどもありません。

綺麗になりたい気持ちはあっても、リスクがあまりにも大きいものにはなかなか挑戦
できませんが、美容皮膚科でのたるみ治療なら、術後すぐにメイクをして帰れるような
ものばかりなので、エステ感覚で試せます。

プロに任せる

とは言えやはり美容皮膚科は医療機関なので使用するマシンも薬剤も、医療レベルに
高い出力の出るものや濃度、純度ともに高いものとなるので効果は抜群です。

気休めではなく、目で見てわかるレベルにしっかりと引き上げてくれ、肌にハリと艶を
与えてくれるので見た目年齢は一気に若返ります。

たるみ治療にはいろいろなものがありますが、どこの部分がたるんでいるのか、
どれくらいの症状か、そして患者側の希望する仕上がり、予算、持続力、アフターケアなども
鑑みて、もっともベストだと思われる治療法を見極めてくれるので、まずはカウンセリングで
相談してみましょう。

周囲にばれてしまうこともなく、ごく自然に肌が若返っていく
ものばかりなので、気軽に挑戦できます。

オトガイ筋の鍛え方を紹介

今一度顔のたるみが起きるメカニズムをおさらいすると、顔に限らず全身の皮膚は常に重力の影響を受けているので下に引っ張られています。

それでも全身が正常な形になっているのは、皮膚に充分な水分と皮脂があることによる弾力だけでなく顔全体の筋肉が支えているからです。

しかし顔以外の皮膚はたるまないのに、顔のたるみが起きてしまうのはそのほかの部分と違って筋肉は動かす機会が少ないため弱りやすいのが理由になります。

特に40代を超えると新しい細胞に作り替える代謝が落ちるので、どうしても筋肉の衰えが加速してしまい顔のたるみが顕著に現れます。

美容皮膚科のウルセラは顔のたるみに効く?

ただ顔のたるみが筋肉が原因で起きている場合には、自力で改善することができます。
なぜなら筋肉は動かせば動かすほど強くなる性質があるので、衰えた部分をもとの筋力に戻せれば復元できます。

特に鍛えてほしいポイントが、あごの部分にあるオトガイ筋と呼ばれる部分です。
この筋肉が衰えると2重あごになるだけでなく、顔全体の筋肉を支える部分なので顔のたるみが顕著に表れてしまいます。

このオトガイ筋の鍛えるには、唇の押出し運動を行うとよいです。
その方法としては顔を真上に向けたうえで、キスをするように唇を前に押し出します。

この運動を10分を目安に1日3セットをすることで、あご全体の筋肉を鍛えられるので顔のたるみを改善できるのです。

筋肉を鍛えても元に戻らないなら美容皮膚科に相談

唇の押出し運動を10分を目安に1日3セットをすることで改善が見込めるといいましたが、その効果が表れるのは最低でも1か月かかります。

もし1か月かかっても症状に改善が見込めない場合には、無理をせずに美容皮膚科に相談をするのが大事です。

皮膚科に相談する

先に言ったとおりに顔のたるみの原因というのは、重力の影響に負けて皮膚が下に落ちることで起きます。
この唇の押出し運動で改善ができるのは、原因が筋肉が衰えていることが原因で起きているのが条件で皮膚の状態は健康というのが必須です。

筋肉の衰えだけでなく、水分と皮脂のバランスそしてコラーゲンの状態が悪くなるなど皮膚トラブルが起きていると自力での改善は難しいといえます。
美容皮膚科を受信すると、まず顔面の筋肉量を計測したのちにスコープなどを使って皮膚の状態を検査します。

そこで皮膚の状態が悪いと分かった段階で、皮膚の状態を元に戻すための化粧品などの薬品を処方します。
もし化粧品での改善が難しい場合には、コラーゲン注入やボトックス注射などの外科医療を目指すのです。

そのうえで唇の押出し運動を含めた筋肉増強法を繰り返すことで、年齢を重ねることで衰えた皮膚と筋肉を元も戻すことで顔のたるみを改善させます。

顔のたるみやニキビ治療は美容皮膚科が1番

コンプレックス
顔のたるみなど、肌にコンプレックスを抱えている方は
少なくありません。
肌トラブルを改善しようとして、スキンケアや
マッサージなど自己流のケアを、いくつも試している
という方も多いでしょう。

ただ、素人ではなぜ肌トラブルが起こっているのか、
原因が分からないので適切なケアが出来ません。

適切なケアが出来なければ、症状が改善しないばかりか、
間違ったケアによって悪化してしまうケースもあるのです。

ですので、肌の悩み・コンプレックスは美容皮膚科で
治療する事をおすすめします。

医師

肌のプロである医師が、原因をつきとめて正しい治療法を
行ってくれるので、症状の改善はとてもスムーズです。

例えば、顔のたるみに悩んでいるという場合、ラジオ波や
レーザーでの美容医療、ヒアルロン酸注入などの
プチ整形での治療が一般的です。

顔のたるみが無くなれば、5歳以上の若返りも
夢ではありません。
また、多くの方が悩むニキビも、症状を抑えるだけでなく
肌質を改善する治療も受けられます。

ニキビを治すだけでなく、出来にくい肌質へと
改善してくれるので、より美肌をキープしやすくなるでしょう。